ハイヤーの安全性を守る運転支援システム

安全運転支援のための技術は今の時代、すべてのハイヤーに不可欠です。安全かつ確実にユーザーを目的地まで送り届けるためのシステムが重要視されており、GPSによる管理システムなどの高度な技術が標準搭載されています。

安全運転支援はいくつかの技術で構成されています。これらの中核は動的車両管理システムです。稼働中のハイヤーがその時点でどの経路を走行しているかをリアルタイムでチェックすることが可能になり、トラブルの発生時には本部の制御システムに情報が伝達され、適切な対策をとることができます。

クラウドコンピューティングもまた、システムの円滑な運用をサポートしています。事業所から個人レベルまで幅広く利用されているクラウドシステムは、運用管理システムを迅速に運用するために欠かせない技術です。

メカニズムは簡単です。端末情報から送信されたハイヤーの位置情報は、メインのクラウドサーバに蓄積され、各コンピュータで共有されます。つまり、それぞれの位置情報はもれなくクラウドに接続された端末に送信され、トラブルを意味するサインもすべてのコンピューターで共有されます。クラウド上での位置情報の可視化と共有化を実現することで、緊急トラブルに対してもスピーディーに対応することができます。

飲酒運転の防止も重要な問題です。最先端の運転支援システムでは、端末に設置されたセンサーでドライバーの呼気に含まれるアルコール濃度を正確に検出することができ、アルコール濃度が基準値を超えた場合にはただちに自動ロック機能がはたらき、危険な運転を防ぐ仕組みになっています。

ハイヤー業界では特に早い段階から運転支援システムの実用化が検討されており、現在では運転支援システムがなければ業務が遂行できないとまで言われています。運転支援システムの中核をなす位置情報伝送機能を活用することで、稼働状況をクラウド上で可視化することが可能となり、より安全で快適なサービスの提供が可能になりました。

ユーザーの利便性だけではありません。企業にとって、運転支援システムは業務を合理化するために不可欠なツールであり、単なるシステム以上の役割を果たします。例えば、専用端末のアルコール検知機能を使用すれば、運転手による飲酒運転をふせぐことができますし、自動ブレーキシステムを利用することで事故を引き起こす可能性がある兆候を迅速に検知し、対処することが可能になっています。