外出をあきらめない!ハイヤーがくみとる細かなニーズ

ハイヤーと聞くと、ちょっと敷居が高いと感じる人も多くいます。サービスが年々拡充され、予約方法もますます簡略化されて身近になりつつあるとはいえ、ハイヤーというと何となくハードルが高く、個人レベルではなかなか頼みづらいようなイメージを持たれがちです。

しかしながら、一般の人はもちろん、タクシーや電車、バス、その他の公共交通機関の利用が難しい方々にとって、ハイヤーはむしろ日常的に利用しやすい移動手段としてとらえることもできます。通院だけでなく旅行などプライベートなイベントでも使いやすいサービスとして、ハイヤーの利用をおすすめすることができます。

ハイヤーを利用する最大のメリットは、貸切であるということです。周囲の人に気兼ねをすることなく、安心して利用をすることが可能です。最近は車高が低く、室内空間がゆったりと確保されているワンボックスタイプもあるので、足腰が弱い方や普段は車椅子に乗っている方でも快適に長い時間乗車することができるようになっています。今はまだまだ台数が不足していますが、リフト付きのハイヤーが今後日本でも積極的に導入されればユーザビリティーもさらに向上していくでしょう。

車内環境だけでなく、お出かけのコースも重要です。体が不自由な方は外出のコースや目的地がどうしても限られてしまいがちで、例えば休日にレストランでランチをするにしても、まずはお店側がバリアフリーになっているかどうかを調べなくてはなりませんし、ちょうどいいお店が見つかるまでリサーチ作業を続ける必要があります。ハイヤーであればバリアフリーにも精通した専門スタッフがコースを細かくプランニングしてくれるので、お年寄りや障害のある方でもオーダーメイドの楽しいお出かけを満喫することができます。

お年寄りや障害のある方ばかりではなく、公共交通機関の利用が難しいという意味では小さいお子さんのいる方も含めることができ、それぞれにお出かけの悩みを抱えています。しかし、バスや電車だと知らない人の視線が気になって泣いてしまうお子さんでも、ゆったりとしたハイヤーであればほとんどプライベートな空間ですので、お家にいるような気分でリラックスして過ごすことができます。事前に尋ねておけばお子さん向けにソフトドリンクや絵本などを用意してもらえることもあるため、まずは一度問い合わせてみましょう。運転スタッフの指名が可能かどうかもチェックしておくと安心です。